供養・納骨について学ぶ

「分骨」の考え方

「分骨」ということばは、あくまでも、仏様おひとり様のご遺骨についての考え方です。
つまり、故人のご遺骨を、複数の遺族、もしくは近しい友人・知人などで分けることを意味します。
ただし、前の項でも触れましたように、火葬直後に分骨する場合と、埋葬してあるご遺骨を改めて分骨する場合とでは、方法が異なります。
まずは、すでに埋葬されているご遺骨を分骨する場合についてですが、この場合は、お墓の管理者に依頼して、分骨関連の証明書類を発行してもらう必要があります。

 

分骨の際には当然墓石の移動の必要がありますので、石材店など関係各所に連絡を入れて、その旨を説明します。
そして、今度は分骨先の墓地の管理者に、その分骨証関連の明書類を提示し、分骨が行われることを認識してもらいますい。
そして、改めて分骨元、分骨先で納骨が行われます。

 

ただし、分骨先で骨壷に入れて安置する場合、骨壷はあらかじめ用意しておく必要があります。
そして今度は、火葬直後に火葬場で分骨を行う場合についてご説明します。
このケースでもやはり分骨関連の証明書類が必要になるのですが、今度は火葬場の管理者に依頼して、関連の証明書類を発行してもらいます。
そして、火葬場で分骨します。
このとき、骨壷はあらかじめ用意しておく必要があります。
そして、分骨元、分骨先それぞれの納骨先に納骨をする、という手順になります。
ここで、火葬直後に分骨する場合について注意が必要になるのですが、火葬場によっては、火葬当日のみ、分骨関連の証明書類の発行を受け付けるというところもありますので、事前、事後にならないように注意してください。

本山分骨について

ここまでは「納骨」や「分骨」についてご説明してきましたが、今回はその「分骨」のやや特殊なケースである「本山分骨」という考え方について新たにご説明を加えます。

 

故人が、宗教や宗派にこだわりをもっていらっしゃる方であった場合、この「本山分骨」という考え方は重要になるケースもあります。
というのも、この「本山分骨」というのは、各宗派の開祖や師と同じ場所(本山)に納骨することを指すからです。
もちろん、これは特に宗教・宗派にこだわりがあるなしにかかわらず選択することが可能である納骨方法です。
「本山分骨」とは言っても、「分骨」であることには何ら変わりはありませんから、当然ご遺骨の一部を本山に納骨するケースが多いですが、しかし、中には分骨せず、すべてのご遺骨を本山に納骨するというケースも珍しくはありません。

 

「本山納骨」を実施するメリットは、もちろん故人の遺志が達成できたという部分が一番大きいですが、それ以外にも、ご遺族の方から見てプラスになる部分も大きいです。

 

なぜなら、それは「本山」であること、つまりは、それだけでいつもありがたいお経を唱えていただける場所であるからです。
そして、一般のお寺さんや霊園などと違って、年々発生する管理費などが本山では一切発生しないという、経済面でのメリットが見込めるからです。
そういう面から鑑みても、「本山分骨」を選択するメリットは大きいと言えるでしょう。
ただ、「本山分骨」の場合は、専門のお寺さんや霊園というわけではありませんから、基本的には合祀の形で納骨されます。